20

Cases

Press

List of announcements from LUCENT

2024

  • WEBサイトリニューアル

    LUCENTのウェブサイトをリニューアルオープンしました。最新のプロジェクトを紹介していきます。今後ともよろしくお願い致します。

2022

  • Casa BRUTUS 2022.9月号 掲載

    • 8月9日発売「Casa BRUTUS」9月号「ART HOT LIST 見逃せないアート100」に、『越後妻有 大地の芸術祭』にて展示中の新作インスタレーション「記憶のプール」が掲載されています。

      ■掲載内容
      『越後妻有 大地の芸術祭 2022』新作リスト!
      見逃せない新作リスト 
      松尾高弘「記憶のプール」
  • 商店建築 2022.3月号 掲載

    3月1日発行「商店建築」3月号に、代表・松尾が参加させていただいた、増刊『Commercial Space Lighting』オンラインイベントの様子が掲載されています。

    ■掲載内容
    増刊『Commercial Space Lighting』オンラインイベント
    松尾高弘さん(LUCENT)に聞く
    商空間とライティング・インスタレーション

2021

  • 商店建築 2021.12月号増刊 「Commercial Space Lighting vol.6」 掲載

    11月5日発売、「商店建築」12月号増刊 「Commercial Space Lighting vol.6」のインスタレーション特集にて、昨年12月に開催された「ARTBAY TOKYO × TAKAHIRO MATSUO “PRISM / GLOW” 展」が掲載されています。

    掲載作品「Prism Cloud」「Chromatic Lights」「SPECTRA」

2020

  • POLA MUSEUM ANNEX「INTENSITY」

    ポーラ ミュージアム アネックスにて、美とテクノロジーで「光」「空間」「インタラクション」が融合した光のアートワークやデザインを手がけるアーティスト 松尾高弘の展覧会「INTENSITY」を7月20日(月)より開催します。ポーラ ミュージアム アネックスでは2011年の「LIGHT EMOTION」以来、9年ぶりの展覧会となります。

    展覧会概要

    本展では、光や現象による「INTENSITY(=強度)」をコンセプトに、光のエネルギーやコントラストを力強く知覚体験できる作品 3 点を展示します。新作の「SPECTRA」は世界初の技術を使った光と水のインスタレーションで、太陽光の放射角を持つ特殊な光が水を透過して反射することにより、閃光のような眩い光を放ちます。暗い空間に現れる光の群は、キラキラと輝きながらも、儚く静かで、しかし確実にその輝きのエネルギーは鑑賞者の心に響き、内に秘めた自らの強さを目覚めさせてくれるような作品です。

    展覧会名:Takahiro Matsuo 「INTENSITY」
    会 期:2020 年 7 月 20 日(月)- 9 月 6 日(日)(49 日間)
    休 館 日:2020 年 7 月 27 日(月)、8 月 11 日(火)、8 月 24 日(月)
    開館時間:11:00~18:40

    入 場:入場無料 / web による事前予約制
    会 場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3 階)
    アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7 番出口すぐ / 東京メトロ 銀座駅 A9 番出口から徒歩 6 分

    主 催:株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
    U R L:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
    お問い合わせ先:ポーラミュージアムアネックス TEL : 050-5541-8600(ハローダイヤル)

    会場エントランスでは、展覧会に合わせて新たにリリースしたプロダクトブランド「EMISSION」によるプリズムを使った

    アクセサリーなどの先行販売と、展覧会グッズを販売しています。こちらも合わせてご鑑賞ください。

    EMISSION公式サイト 
    https://emission-art.com

2018

  • 商店建築2019.1月号掲載

    12月28日発売1月号「商店建築」の”サイトスペシフィックなアートが商空間にもたらす新たな可能性”について、松尾高弘のインタビュー記事が掲載されております。

  • Commercial Space Lighting vol.3掲載


    7月31日発売商店建築9月号増刊「Commercial Space Lighting vol.3」に

    松尾高弘のKAWAI ”Crystal Rain”のインタビュー記事が掲載されております。

  • 商店建築2018.8月号掲載

    7月28日発売8月号「商店建築」裏表紙に松尾高弘の

    KAWAI ”Crystal Rain”が掲載されております。

  • ミラノサローネ2018 KAWAI / 光のインスタレーション”Crystal Rain”を発表

    Crystal Rain

    波打つ水上に浮遊するかのように展示された透明なクリスタルグランドピアノ。
    ピアノの演奏に連動しながら1つ1つの音が輝く無数の光の雨となって空間に降り注ぎ、
    光と音の共鳴、光の反射や動きがピアノの持つ透明感とラグジュアリーな輝きをより一層引き立たせるインスタレーション。

    日時:2018年4月17日(火)~ 4月22日(日)10:00~21:00 ※4月22日のみ10:00~18:00
    会場:トルトーナ地区スーパースタジオ・ピュー内
    住所:Via Tortona, 27, 20144 Milano, Italy

    MOVIE

    主催:株式会社河合楽器製作所
    協力:カラーキネティクス・ジャパン株式会社 / 株式会社ハートス / 株式会社ベルックス
    音楽:髙橋全

  • 大阪パナソニックミュージアム「ものづくりイズム館」内に「History Wall」を常設

    パナソニック株式会社の創業100周年に合わせて開設されたパナソニックミュージアム「ものづくりイズム館」内に

    横16m、8K映像により体験型のヒストリーウォールが常設設置されております。

    映像は3つのシーン構成。パナソニックの100年の歴史を遡るように、ダイナミックに空間を駆け巡る「3D Visual Show」にはじまり、独自デザインした「Air Sensor Bar」によって、吹く息に反応して情報が閲覧できる「Products Flow」システム、無重力空間を浮遊するプロダクト群が、風の強弱によって空間を横断するインタラクティブアート「Products Dynamics」など、映像、情報閲覧、インタラクションが、ひとつの体験として融合する。

  • 銀座資生堂本店「SHISEIDO THE STORE」に2つの映像インスタレーションを常設

    資生堂 本店として銀座にグランドオープンた資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」に2つの映像インスタレーションを常設しました。

    ミラーの中にさまざまな光のオブジェクトが映し出される環境型のインスタレーション。花椿などのモチーフが、室内の空気の動きと反応し、刻々と輝きとふるまいを変えてゆく。アンビエントな音楽のように、インテリアを光で彩る作品。

    ◆”Water Holography” @店外インスタレーション

    波打つ水面に、資生堂のシンボルマークである花椿や水紋などが浮かびあがる、世界初の水と光のインスタレーションです。光のモチーフに、手をふれて楽しむことができます。

2017

  • 東京カンパネラ銀座本店に映像インスタレーションを常設

    東京カンパネラ10周年の節目に銀座にオープンした「東京カンパネラ銀座本店」店舗の壁面に映像インスタレーションを常設しました。

    「東京カンパネラ」の名称の由来となったフランツ・リストの名曲「ラ・カンパネラ」に

    インスピレーションを受けた柔らかな光のアート・インスタレーションを店舗の壁面に常設設置。
    幾層にも重なる空気のようなプロジェクション映像とピアノの音色が響きあい、

    ブルーとホワイトのグラデーション壁面に、白い光と輝きを与える。

    ショコラのエアリーな食感にも通じる優しい空気感を表現したアイコニックな作品。

  • コンラッド大阪に3つの大型インスタレーションを常設

    大阪・中之島エリアにオープンし、大きな話題となっているスマート・ラグジュアリーホテル

    「コンラッド大阪」に常設された3つの大型インスタレーション。

    松尾高弘がクリエイトした新作3点は、「コンラッド大阪」に展示されている389点のアートピースの中でも、

    ひときわ目を引くウェルカムエリアとなるエントランス周りと40階ラウンジエリアに配置されています。

    ◆ AURA(アウラ)INSTALLATION / 2017 @40F Lobby Entrance 常設設置

    3万ものエレメントから構成され、圧倒的な存在感を放つ“光”のインスタレーション。

    輝く小さなエレメントの一群は、「宙に浮かび、輝く雲」を連想させる。

    無数のプリズムを内包するその輝きは、一日の太陽光の変化に従って様々に移ろい、

    作品を透過して生まれる数えきれないほどの虹が、ダイナミックに空間を満たす。 


    ◆Phenomenon(フェノメノン)VISUAL INSTALLATION / 2017 @1F Hotel Entrance  常設設置

    気流や水などの 流体現象を、無数の発光点群のふるまいによって視覚化した映像インスタレーション。

    実際の物理法則に基づき、緻密に計算された数百万個の粒子の塊が、無重力空間のキャンパスで刻々とフォルムを変え、

    流れながら漂い、消えていく。時間帯によって、ホワイト、ブルー、ゴールドに色が変化する。

2016

  • Flowerfall まつだい「農舞台」ギャラリー夏企画展「どうしてみんな、花が好き?」

    新潟県十日町まつだい「農舞台」ギャラリー夏企画展「どうしてみんな、花が好き?」
    のために、数日現地に滞在して制作してきました。

    美術館の印象的な階段のデザインを使ったインスタレーション。
    この季節に地元で咲いている野花を採集して、花が流れ落ちる滝を作りました。
    土地にある自然の彩りを浴びてもらえたらと思います。

    開催日2016年7月2日(土)〜2016年9月4日(日)10:00〜17:00
    ※水曜休館(8月10日(水)、17日(水)は開館)
    場所 まつだい「農舞台」ギャラリー
    (十日町市松代3743-1)

  • ”Beauty in Motion” Ginza METoA 「ものづくりロボットと創るアートの世界」

    東急プラザ銀座 三菱電機METoA のための映像作品「Beauty in Motion」。
    64面のパノラマ映像を使って、三菱製の産業用ロボットと映像、音楽、インタラクションによる4部構成のインスタレーション。
    ロボットと映像がシンクロするデジタルパフォーマンス”SYNCHRONEITY” からはじまり、ロボットと蝶が戯れる”Play with Butterfly”、
    リアルタイム物理演算により風のモーションCGとインタラクションによる”DYNAMICS” 、タッチパネルで参加可能な”RESONANCE” と、
    映像、ロボットパフォーマンス、インタラクティブ、音楽を各シーンで軽やかにミックスしながら、
    タイトルの「Beauty in Motion」になっている「モーションの美しさ」を意識した作品です。

    Robotic Art in Ginza -
    ものづくりロボットと創るアートの世界
    開催期間:2016年9月29日(木)~2017年1月中旬(予定)
    時間:11:00—21:00 入場無料

    http://www.metoa.jp/event/roboticart-in-ginza/

    Robot Engineering : ARCHIROID + SFC Matsukawa Lab.

    Music : AKira Takahashi

  • 生きてるミュージアム「NIFREL」 ” WONDER MOMENTS”

    大阪海遊館プロデュース・生きてるミュージアム”NIFREL”にて、
    2015年11月よりオープン以降、常設展示されています。

    WONDER MOMENTS(ワンダーモーメンツ)は、
    光のアーティスト松尾高弘による、自然の美しい一瞬を切り取り、
    迫力のある映像と音楽によって、印象的に描きだす光のインスタレーションです。

    全16シーンに変化する直径5mの球体は、床の映像とシンクロしながら、
    ときとしてあなたの動きに反応します。足元に花が咲き、水面の夜光虫の輝きが、
    まるで光のシャワーのように、あなたの身体や手のひらに降り注ぎます。
    テーマは、自然の現象やふるまい、色彩そのものであり、
    美しさに想いを馳せ、驚き=“WONDER”を感じる心です。

    「水の彫刻」から始まり、自然界の美しい情景の数々を経て、
    最後に地球の姿を映しだす、NIFRELだけの光と音の世界。
    アナログとデジタル、自然と生命、時間と空間を横断しながら、
    リアルとイマジネーションの境界を超えた空間アートの展示です。

    上映プログラム 

    1. WATER 2:00 | 映像インスタレーション
    2. SENSE OF NATURE (14シーンからランダム上映) | インタラクティブ映像
    3. UNIVERSE | 映像インスタレーション
    4. EARTH | 映像インスタレーション  

2014

  • 商店建築 2014.10月号掲載

  • 資生堂 ザギンザ 夏バージョン公開

    資生堂ザギンザのエレベーター演出「Porte-Lumière」が、夏限定の映像に変わります。
    金魚や風鈴、花火など涼しげな夏を感じる映像です。

    会期:2014年7月17日-2014年8月20日
    場所:東京都中央区銀座7-8-10
    資生堂ザギンザ1Fエレベータ

  • 大阪・淀屋橋東京海上日動ビルディング「White Rain Chandelier」竣工

    「White Rain Chandelier」が恒久設置されました。
    近年の代表作、2012年にポーラ ミュージアム アネックスで発表した「White Rain」の初の国内常設設置となります。
    朝、昼、夜と光のシーンが変化しつつ、オートドアの開閉によってインタラクティブに変化。
    建築とアート、照明と演出が融合する、新しいコンセプトのパブリックアートです。
    ビルの場所は淀屋橋駅の近く、御堂筋を下る方向の左手で、御堂筋からも鑑賞することができます。

    「White Rain Chandelier」
    場所:大阪市中央区高麗橋3-5-12 淀屋橋東京海上日動ビルディング 1Fエントランス
    点灯時間:
    08:00 – 13:30 |Line (インタラクティブ)
    13:30 – 16:30 |Chandelier
    16:30 – 22:00 |Rain(インタラクティブ)